本文へスキップ

お問い合わせはTEL.0545-36-1185

ようこそ!富士木材株式会社 包装資材事業部ホームページへ!



設備のご案内



スリットマシン 3台
シートをスリット(切断)・スコア(罫線)入れを行います。

パットカッター 1台
小さいシートをスリット(切断)します。
パンチ 1台
スロット(溝切)加工を行います。



印刷製函機(FFG)1台
スコア入れ・印刷・スロット入れ・接合・製函・結束まで行います。
シートを投入すると、MAX200枚/分のスピードで印刷・製函が可能な高速マシン。

フレキソ印刷機 1台
スコア入れ・印刷・スロット入れまで行います。
主に、2ピースや大きな製品の加工に使用。平均加工数 100枚/分。
ダイカッターで、大きい製品も抜くことが可能です。



オートプレス 1台
抜き型を使用し、自動で抜き作業を行います。
抜き工程を高速で行う自動マシン。MAX75ショット/分

平抜き 1台
抜型を使用し、手動で抜き作業を行います。
抜き工程を手作業で行う、小ロット等に適します。



オートステッチ 1台
半自動でステッチ加工をします。

アームステッチ 4台
一般ダンボールを手動でステッチ加工します。(3台)
強化ダンボールを手動でステッチ加工します。(1台)

ミニグルー 1台
半自動でグル―接合をします。



プレス機 3台
鉄板プレス 2台・油圧プレス 1台

簡易型フォルディングマシン 1台
簡易型フォルディングマシンとは、額縁のついた折り込み箱を製函します。
ステッチ・グルー・ホットメルト接合をしない形状のダンボールを組立てします。
各罫線もしっかりと折り癖を付けて曲げます。
特別仕様になっております。
                     (mm)
L(長さ) W(巾) H(高さ) 展開巾 展開流れ
最大 1000 950 70 1250 1370
最小 800 800 70 1100 1170
備考①:可能ダンボールシート材質:AB段
備考②:L・W・H寸法はシート罫線寸法になります。
生産能力:5ケース/分
※寸法に関しましては要相談となります。


4コーナーグルーマシン 2台
4コーナーグルーとは、単純C式(JISコード:0301形)のシートの四隅を接合する機械です。
蓋と身に分かれるダンボール箱の糊付け加工を行います。
接合に端ホットメルトを使用しますので、瞬時に接合が可能です。
製造数量が少ない製品にはステッチ打ち加工が主流ですが、
製造数量が多い製品には、この4コーナーグルーを使用すれば、大量製造が可能になります。
また、ステッチ加工に比べ、接合力も上がります。

当社には、この4コーナーグルーマシンが2台あります。
小さいケース向きの小形機・大きいケースの中形機と各1台ずつあり、
それぞれ仕様寸法等が変わります。希望寸法により機械を選定致します。

小形機 1台
                     (mm)
L(長さ) W(巾) H(高さ) 展開巾 展開流れ
最大 1100 500 100 700 1300
最小 650 300 50 400 750
備考①:可能ダンボールシート材質:A段・AB段
備考②:L・W・H寸法はシート罫線寸法になります。
生産能力:10~12ケース/分
※寸法に関しましては要相談となります。


中形機 1台
                     (mm)
L(長さ) W(巾) H(高さ) 展開巾 展開流れ
最大 1800 1200 130 1400 2000
最小 700 5800 50 600 800
備考①:可能ダンボールシート材質:A段・AB段
備考②:L・W・H寸法はシート罫線寸法になります。
生産能力:6~12ケース/分
※寸法に関しましては要相談となります。


サンプルカッター 1台
小型1台・大型1台